「ライブ配信」を毎日平均6時間やりまくった、コロナ渦8か月の日々をギリギリまで激白してみた。【連載vol.5】

 前回の【vol.4】はこちら。

 

自分の配信になぜ人が来ないのか、それが私の一番の悩みだった。

人が集まらなければ新規リスナーの恋愛相談もなく、Youtubeの宣伝のしようがない。もちろん私は発信者だから、自己顕示欲も満たされたいと思うのも当然だった。

 

他のライバー(配信者)はいったいどのようにリスナーを獲得しているのだろう。もちろん、長く続ければ続けるほどリスナーは増えていくのであろうが、私と同じ時期に始めて、すでにそこそこの人気を得ている方々もいる。

彼らはどんなコンテンツを武器にして、リスナーとコミュニケーションを深め、人を集めているのだろう。勉強と研究のため、配信の合間に私もリスナー活動を始めてみることにした。

 

ヒントはきっと転がっているはず。

 

 

           ***

 

 

たかちゃんは、黒髪ロングヘアーがよく似合う、菜々緒似の綺麗なお姉さんだった。

「飲みながら配信してます☆」とプロフィールに書いてあったので、同じような配信スタイルかもしれないと思い、入室してみた次第である。

「どうもおー。たかちゃんでーす!!よろしくおねがいしまーす!」入るやいなや、陽気な挨拶で迎えてくれた。酔っているのだろうか、なんだかご機嫌な様子だ。若干呂律も回っていない。机の上には宝焼酎とお茶のペットボトル、そしてぎっしり氷が詰まったグラスが置かれている。

 

「初めまして!成生と申します!「X」はまだ始めたばかりで、あまりよく分かっていません・・・。新参者ですが宜しくお願いします。」

「成生さん、こちらこそよろしくですー!あたしもまだ始めて1週間くらいなんで、一緒に頑張りましょー。テキトーにお酒ガンガン飲んでるだけですけどねー。」

けらけら笑いながらたかちゃんはグラスに手を伸ばす。

 

10人ほどのリスナーがそこにはいた。その時のたかちゃんのフォロワーは100人ほどだったので、初見がいなかった場合、10分の1が来ていることになる。すごい出席率だ。1週間でこの数字なら5月にはめちゃめちゃ増えているのだろう。

 

「たかちゃん、飲みすぎw」

「何時から飲んでるのー?」

「今日も可愛いね!」

 

様々なコメントが画面に次々と表示されていく。それらをひとつひとつ読み上げながら、それぞれに返答をしていくたかちゃん。彼女とお喋りしたいからか、みんなどんどんコメントをしていく。しかし、ほろ酔い状態のふわふわした口調ゆえ、読むスピードがだんだん遅くなってきた。コメント欄が渋滞してきたため、私のコメントを認知してもらえるのもまだまだ先になるらしい。まぁ、ゆっくり美女でも拝みながらじっくり待つか。

 

そんな時だった。

 

「よーし今日も飲んじゃうぞー!明日は休みだー!みんなで乾杯したーい!」

突如たかちゃんはコメントを読み上げるのをやめ、甘えた笑顔を我々に振り撒いてきた。ああ、綺麗とかわいさが程よく融合してるなぁ、こういうのを美女っていうのかなぁ・・・なんてぼーっと見とれていると、いきなり、画面いっぱいに、「かんぱ~い」のアイテムエフェクトが表示され、たかちゃんの胸元が華やかに彩られた。100円ほどのアイテムだからか、いつも私が貰っている1円や10円相当のものよりも派手な演出である。

わああああ、っと嬉しそうに手を叩いたたかちゃんは、「Aさんありがとうー!飲みまーす!せーの、グイ、グイ、グイ・・・」と、セルフでコールをし始め、机の上にあった緑茶割りを一気に飲み干した。口元をティッシュでぬぐい、満足げな表情を浮かべながら「ああん、まだまだ飲んじゃうよー」とさらにリスナーを煽っていく。再びまた乾杯の音頭が始まる。きらびやかなエフェクトが止まらない。

おお、なんだかこのお姉さんすごいぞ。部屋で1人、スマホに向かって一気飲みを敢行するというのは、よくよく考えてみたら妙な行為である。圧倒的なパフォーマンスはもちろんだが、それを平気でやってのける度胸に感銘を受けたのであった。アイテムをあおり、投げ銭をしっかり頂戴していく。その手口の巧妙さにも脱帽せざるを得なかった。

10人ほどだったリスナーの数は、1時間でいつのまにか15人ほどに膨れ上がっていた。途中で抜けた人もいたため、トータルで30人ほど配信に来ていたと思う。しかも、約半数が新規のリスナーだった。6時間配信して4、5人しかやってこない私の配信とは雲泥の差である。

そりゃあ美女がハイテンションでお酒飲んでたら人気になるよね、というのが率直な感想だった。勉強のためにこの配信に訪れていた私も、気が付けば彼女の虜になっていたのだから効果は絶大だ。美女と酒が飲めない自粛期間ゆえ、ライブ配信でそういった気分を味わう。間違いない、需要はある。

 

ただ、そこでひとつ疑問が生まれた。

それは、数多のライブ配信者がいる中で、どうやってそのような美女を見つけ出すのかということである。以前、【vol.2】の記事で『X』のシステムについて触れた。その項目にファミリーというコミュニティチャットがあるのだが、それに加入したリスナーは、視聴中に「タグ」をつけることが可能になる。積極的に様々なタグを付けていくことは、配信者を応援することにつながる。タグは新規リスナー獲得に大きな役目を果たすため重要度が高い。リスナーは、自分が興味のあるキーワードでタグ検索をして、新しい配信者を探すことが多いからだ。

たかちゃんの場合は、「お酒大好き黒髪乙女」「菜々緒似美女と乾杯しよ」「美女、絶賛酔っ払い中」「ストロングゼロはノンアルですw」「肝臓は成長する」など、お酒に関するタグがほとんどを占めていた。実際私も「お酒」で検索して彼女の存在を知ったので、やはりこれは重要な機能なのだと思う。

 

だが、それだけでは、新規を獲得し続け、根強いファンを多く持つ人気ライバーになることはできないのが実情である。

私も、ユサちゃんや千草ちゃんにタグをつけてもらっていたのだが、たかちゃんほどの新規は獲得できていなかった。「恋愛相談募集中!」「恋に悩める人を救います!」「お酒飲みながら恋バナ聞くよ」等、彼女たちは様々なタグをつけてくれた。だが、どういう訳か思ったほどの効果は期待できなかった。単純に恋愛相談に需要がないのかとも思ったが、来るときは来るのでそうではないのだろう。

 

なぜあんなにもたかちゃんの配信に新規リスナーがやってきたのか・・・。

その謎は、とある人物の登場によりすぐに明かされる。まさに彼女は青天の稲妻だった。いよいよ私は、「X」における集客で、最も肝心なポイントを身をもって知ることになるのである。

 

つづく

 


f:id:takamichi-nariu:20210415163347j:image