「ライブ配信」を毎日平均6時間やりまくった、コロナ渦8ヶ月の日々をギリギリまで激白してみた。【不定期連載vol.3】

前回の【vol.2】はこちら。 

takamichi-nariu.hatenablog.com

 

午後3時、歯を磨き顔を洗う。髭を剃り、BBクリームで肌の見栄えを整え、入念に髪型を作っていく。今日は昨日より遊ばせた感じにしよう。毛先を軽くねじってハネをじゃんじゃん作っていく。ううむ、良い感じだ。橋本環奈が配信を見に来ても恥ずかしくないぜ、と鏡に向かってにんまりする。

出来上がった顔面を堪能したのち、洗面所を出てキッチンへと向かう。業務用の4リットル焼酎を氷の詰まったグラスになみなみとそそぎ、浄水をペットボトルに入れていく。水割りセットを完成させ、それらを持って自室へと戻る。そしてベッドに放り投げていたスマートフォンへと手を伸ばす。

さあ、今日もライブ配信アプリ「X」の冒険を始めよう。

 

               ***

 

ユサちゃんと千草ちゃんは最初の常連リスナーだった。

ユサちゃんは4月から大学生になったのだが、緊急事態宣言で大学がまだ始まっておらず、暇を持て余している女の子。千草ちゃんは24歳のフリーター。現在は仕事をしていないらしいが、去年までキャバ嬢をしていたとのこと。

駆け出しライバー(配信者)ゆえそれほどフォロワーもいない私にとって、毎回来てくれるリスナーは貴重な存在だった。配信を開始しても誰も来てくれなければ、YouTubeの宣伝のしようがないし、なにより、悲しい寂しいつまらない。緊急事態宣言で人と交流する機会が一切減ったので、せめてこのバーチャルな空間だけでも人と話したかった。また、自分に人気があるのかないのかまだはっきりしていない時期だったし、配信しても誰も来ないという事態は、‘‘発信者‘‘としてものすごく不安だった。だから、黎明期を支えてくれたユサちゃんと千草ちゃんはとても有り難かった。

 

2人はすごく仲が良かった。好きな人がいるが、付き合うまでには至っていない。そしてそれが遠距離である、という状況が共通していたからかもしれない。新規のリスナーさんが私の配信にやってくるというのは稀だったので、ほとんどの時間を3人きりで過ごした。YouTubeの次回作の話や過去作の感想など、他愛ない世間話で盛り上がりつつも、彼女たちの恋愛相談が主な話題だった。

 

「千草ちゃん、こんにちは。今日もよろしくね!」

配信を開始すると、千草ちゃんはいつもすぐにやってきてくれる。

「成生くん、どうしよう。」

「ん?なにかあった?」

「うち、彼から嫌われたかもしんない」

「え、どうして!?」

「既読になってるんだけどラインが返ってこないの!」

「どんなライン送ったの?」

「夜勤が終わる時間に、おつかれさま♡って送ったの!」

「それだけ?」

「あとは、彼が大阪住んでるからコロナ終わったらユニバ行こうねって。たこやき食べたいねって…。あんまりしつこくラインし過ぎると逆効果になっちゃうかもって成生くん言ってたよね。これってしつこい?どう思う?」

「いや、単純に疲れてるだけじゃない?彼、夜勤でしょう。嫌ってないと思うよ。」

「そうかな、大丈夫かな。不安だよお。返信、待った方がいい?」

「うん、普通そんな簡単に嫌わないから大丈夫だよ。」

「わかった!ありがとう!」

ちょっと疲弊しているとユサちゃんがやってきた。

「成生くん、千草ちゃん、こんにちは!」

やっほー!ユサちゃーん!興奮気味に千草ちゃんが挨拶を返す。

「成生くん、相談があるんだけど。」

本日2度目の相談。毎日2人の相談聞いてるな俺、と心の中でツッコみながら酒を舐める。

「どうしたの?」

先月まで女子高生だった彼女の悩みを聞いていく。

「大学始まったら、新しい出会いもあるのかなあってー。」

「たくさんあるよ!あれ、片想いの彼はどうなったの。」

「えーとね…もし付き合えても遠距離だし寂しくなっちゃうかなぁって。分からないけど、相手も彼女いるかもしれないし。…諦めた方がいいのかなぁって!ねぇ、どうしよう。」

7割焼酎の水割りをがぶっと飲み干す。

これが私流の気合い入れだ。

ああ、今夜も長くなりそうな予感がする。

 

正直、恋愛相談を聞くのは結構疲れる。相談者はネガティブな感情をぶつけてくるから、こっちはそれに負けないポジティブで立ち向かわなきゃいけない。そして第三者的立場から見た冷静な目線をキープし、相手をもてなさなくてはならない。メンタル的になかなかハードな仕事だ。

もともと、恋愛相談はYouTubeの登録者数を増やす目的で始めたのだし、長々とやってしまってはもはやカウンセリングになってしまう。それはコンセプトとは違う。

きっと明日には、ラインが返ってきた千草ちゃんが惚気てくるだろうし、ユサちゃんもやっぱり彼を諦めきれないって決意表明しに来るのだろう。もちろん、それらもちゃんと聞くつもりだが、やはり私は、チャンネル登録者増加のため新規リスナーさんの恋愛相談をメインでやりたい。

 

そもそも、どうして人が全然来ないのだろう。プロフィールに『恋愛相談します!』って書いてるし、割と需要あるはずなんだけど。

寝ても覚めても頭の中は新規獲得でいっぱい。ガールズトークで埋まるコメント欄を見ながら、私は小さな焦燥感を感じていた。

 

つづく


f:id:takamichi-nariu:20210329163250j:image